会社設立以前の準備と、会社設立後の注意をしって満足のいく会社設立

メインイメージ

株式会社設立する準備

株式会社設立する準備の間にしておくべきこと

株式会社設立をするときに準備を済ませておくことで、手続きを簡単にすることができます。

まず、株式会社設立をする上で初めに決定しておくべきことは、会社の名称を決定することです。
会社名は自由に決定することが可能ですが、最低限のいくつかのルールが存在しますので、それを守った上で決めることになります。

株式会社設立の場合には必ず名称のどこかに株式会社という文字を入れる必要があり、見る側の人に誤解を与えるような会社名やすでに使用されている会社名は使用することができませんので注意が必要になります。

株式会社設立には、定款が必要になるので作成しなければならず、定款には事業目的を書くことになります。

株式会社が事業を行う場合には、定款に記載されている事業目的に沿って行うことになります。
株式会社設立をするときに定款に記載するものとしては、本店の所在地もあります。

自宅やレンタルオフィスなど、事業を行う場所を決定して本店所在地にします。

株式会社設立の準備には資本金が必要になりますが、会社法に制定されているルールでは資本金は1円でも構わないことになっています。

ただし、会社を始めていくためには事務用品や不動産の契約、その他の諸費用がかかることが考えられますので、株式会社設立時には会社運営のために数百万円から1千万円ほどの資金を準備しておくことが必要だと言えるでしょう。

資本金を決定する際の注意事項としては、資本金の額が1千万円を超えると消費税の免除が受けられなくなります。

また、資金の調達方法として政府の金融機関から融資を受ける方法がありますが、資本金の2倍までしか借り入れることができないことになっていますので、資本金が少なすぎると借り入れることが可能な金額が低くなってしまうので注意が必要です。

株式会社設立には、発起設立と募集設立があります。
一般的な株式会社の場合は、創業者が出資金を準備しますので発起設立となります。

設立するときに一部の発起人が投資家に声をかけて残りの株式を出資してもらうことができる場合は、募集設立ということになります。

会社の設立の準備段階の間に、代表取締役や監査役、会計参与などの機関について決定しておきます。

取締役会を設置しておくと素早く経営判断を行うことができるようになり、取締役会を設置していない場合だと出資者が複数いるときは会社の意思決定をするときに株主総会を開かなければなりません。

会社の運営に必要な印鑑を作っておかなければなりませんので、事前に作成しておきましょう。資本金の他に、設立のための費用が必要になります。

定款に添付する収入印紙代や、登録免許税などの費用についても用意しておくことになります。