会社設立以前の準備と、会社設立後の注意をしって満足のいく会社設立

メインイメージ

自力設立と行政書士依頼

自力設立と行政書士依頼で異なる会社設立の方法

会社設立の手続きは、誰でも挑戦できるものです。その手続き自体を行うのに資格は必要ありませんから、誰でも自力で会社設立に取り組むことが可能です。しかし、行政書士に会社設立の代行依頼をすることで、自力設立には無いメリットが得られるものです。

もし、自力で会社設立を試みようとする場合は、どのような経緯をたどるにしろ、多くの場合費用が高くつきます。およそ24万円以上の出費となりますので、本格的な会社運営を控えた中で大きな費用を支払うことになるのです。その手間や時間も多大であり、専門知識を必要とする定款や登記の書類作成、公証役場や法務局での手続き、場合によっては専用のソフトウェアや機器の購入等、やるべきことが多くあります。

多くの課題を乗り越えて会社設立をしようと思っても、書類のちょっとした記載ミスを訂正しなければならない事もあり、その努力が報われにくい性質があります。出費が多く、手間暇がかかり、設立までのハードルの数が多く、高い。自力設立自体に意味がある場合を除けば、デメリットだけが目立つ方法です。

一方、行政書士事務所に会社設立代行を依頼した場合は、書類の作成と手続きの申し込みを代行してもらえます。発起人がやることは公証役場と法務局での手続きだけです。手続き時に使う書類は専門家が作成したしっかりしたものですから、訂正を指示されて手間が増える心配はありません。また、手続き前に、手順の指導やマニュアルの提供を行ってくれますので、スムーズに手続きを済ますことが可能です。所要時間も15分しかかかりません。

また、行政書士事務所に依頼した場合は、自力で会社設立するよりも総費用が数万円安くなります。事務所には書類の作成や手続きを安く簡単に済ませられるソフトや機器が整備されているものです。こうしたソフトや機器の利用で浮いた分、総費用を安く抑えられる仕組みになっています。

以上の様に、会社設立は自力で行うことも、行政書士に代行を依頼することもできます。しかし、その差は歴然としていますので、自力設立自体に意味があると考えている場合を除いて、代行を依頼するのが賢明な判断と言えるでしょう。

代行を依頼した場合も、一番大切な手続きは自分が行うものですから、行政書士はあくまでサポートであり、会社設立は自分の力で行ったと考えることもできます。会社を立ち上げようとする中で不必要なお金や時間を浪費しないように、柔軟な考えを持つことも大切です。